再治療が必要なケース

かかりつけの歯科をつくる

かかりつけの歯科をつくる事で、何回も歯の治療に通う必要がない可能性があります。
通院回数が多い患者は歯周病などが悪化していたり、複数の歯の治療が必要だからです。
歯の痛みが我慢できないほどひどい方は、それだけ治療期間が長くなる状態になっています。

信頼できる施設がある事と、気軽に心配な症状があると診察してもらえる歯科医を探すのが大事です。
虫歯になりやすい食事を制限したり、日ごろの手入れも大事ですが通院しやすいかかりつけの歯科があると安心です。
歯の治療は相場はありますが、治療方針や施設の裁量があるのでかかりつけがない場合は良心的な歯科医を探します。
サイトや口コミで評価が高い施設だと初めてでも安心です。

丁寧に歯を磨く習慣と定期検査

歯の汚れがたまってくるとそこから炎症や虫歯になる場合があります。
普段から丁寧に歯を磨いたり、咥内をできるだけ清潔に保つことで歯科に通う回数を少なくなります。
入れ歯やインプラントの治療が必要だと、軽い虫歯の治療よりかなり回数が増えます。
そのような状態にならないために、歯の定期検査をするのが大事です。
虫歯がなくてもしばらく歯の検査をしていないと、歯石がついていたり問題がある可能性があるのです。
あまり歯石がついていないと一回で終わるのですが、量が多い場合や奥歯にこびりついていると何回かにわけて治療をします。
炎症がおちついてこないと最終的な治療ができないのが理由です。


定期検査を受ける事で総合的な通院回数は減ります。


この記事をシェアする