根管治療だと複数回必要

抜歯や歯の根元まで進行している場合

虫歯で歯科の治療をする場合、表面だけ治療をする場合は何回もいかなくて済みます。
抜歯が必要なほど悪化していると何度か通院する必要があるのです。
理由としては炎症がひどいと治療ができない場合があるので注意
をします。

炎症が軽いとすぐに治療が始める事が可能ですが、炎症がひどいと治療自体が難しいからです。
歯の神経を抜いたり、抜歯をする治療があるとその後の経過を見るのにしばらくの間は通院します。
部分入れ歯やインプラントにする必要があると何回も通院する必要があるのです。

このような治療が必要になる前に診察を受けると歯科に通う回数が少なくてすみます。
痛みや炎症がひどくなる前に、かかりつけの歯科に相談をするのが必要です。

治療しにくい個所

前歯と比較をすると奥歯の治療は通院する回数が多いケースがあります。
前歯より治療する器具が入れにくく、時間がかかるからです。

虫歯になった際に前歯だと気がつきやすいですが、奥歯だと自分で確認するのが遅くなります。
親知らずが虫歯になると一度に何本も抜歯をするのが難しいので、何回かにわけて治療をする場合があるのが特徴です。

歯の生え方や症状によりますが、大人になってからの治療で通院が複数回になる理由の代表が親知らずの治療になります。
虫歯にならないと抜歯の必要がない可能性があるので、定期検査で自分では確認が難しい奥歯の状態をチェックしてもらうのがポイントです。
痛みや腫れが自覚症状であるとかなり悪化している可能性があります。


この記事をシェアする