歯の治療の基礎知識

早めの診察と施設選び

一年に一度程度は定期検査を受けていると、歯の治療に何度も通う必要がない場合があります。
歯石がついてないか、虫歯や歯周病になっていないか診察を受けるのと必要があれば治療をするので一度で通院が終わるからです。
特に気になる症状がなくても、かかりつけの歯科医をつくり診察を受けるようにします。

体の健康診断をするのと同じように、歯の健康診断を習慣にすると良いです。
何度も通院が必要な方は、このような定期検査を受けずに悪化してから治療を始める方が多い傾向にあります。
施設の方針により何回で治療が終わるか違うので、治療を始める前に確認するのが大事です。
おおよその通院期間と費用を教えてくれる施設を選ぶようにします。

保険適応範囲の治療と治療時間

歯の治療に何回も通院が必要かどうかは、治療内容以外に保険適用範囲かどうかと施設が決めた治療時間があります。
患者一人にかける時間が長いと利益が出にくいので複数回にわける可能性があるのです。

健康保険の適用内での治療だと施設によりますが、どのくらいの時間で終わらせるか予め決まっています。
通院に必要な費用や期間の相場を調べたり、診察時にどれくらいの回数と治療費がかかりそうか確認しておくと安心です。
必要に応じていくつか比較検討すると、通院回数や費用が異なる可能性があります。
歯がどのような状態なのか、そして治療方針を確認して通院するのが大事です。
施設選びで治療が終わるまでの通院がかなり減る可能性があります。


この記事をシェアする